惑星ソラリスに向かっているよ

東方Projectの二次創作をやってるソラリスのブログです。書いてみたもの、描いてみたものなんかをまとめたりするブログです。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒い日の過ごし方

  寒い日の過ごし方



 館の大きな扉から外へ出ると、抜けるように高い青空が広がっていた。
 11月のとても冷え込んだ朝に、ぴんと張り詰めた空気と乾いた匂い。
「もうすぐ冬ね」
 この分だと雪が降るのもそろそろかな。
 トレーに載せたティーポットの中身が冷めないように、足を速める。
 美鈴はちゃんと仕事してるかしら。
 門の向こうに、暖かそうな冬の格好に身を包んだ美鈴が立ち番をしているのが見えた。
 大きな外套を羽織って、長いマフラーをぐるぐる首に巻いて。
 真面目に仕事してるみたいね。
 そっと近づいて行く。
 ん……? ゆらゆらと美鈴が揺れているような……
 もっと近づいてみる。
 ほとんど真横から顔を覗き込むと、うとうとと居眠りをしていた。
 やっぱりね。
 暖かい服装が裏目に出てしまったんだろうか。
「美鈴」
 耳元に口を寄せ、小さな声で呼びかける。
「ん……んー……あ、咲夜さん。寝てないですよ?」
 ぼんやりと目を覚まし、とっさの言い訳。
「ゆらゆら揺れてたわよ」
「ごめんなさい。ちょっと寝てました」
 それでもあっさりと居眠りを認めて、あんまり悪くなさそうに微笑む。
 そんなふうな顔をされると怒ったりできないのはいつものこと。
「しょうがないわねぇ。気分転換にお茶にしましょ」
 美鈴を誘って、近くの木の根元に腰掛けた。
 地面をふわっと覆う落ち葉は赤や黄色。
 最近、美鈴にお茶を持ってきては、隣で一緒に飲むのが習慣になってしまった。
 サボっているつもりじゃないけど、やっぱりサボってることになるのかしら。
 お嬢様は気づいているようだけど特に何か言われるわけでもないし、むしろなんだかニヤニヤと送り出されているような気もする。
 まあ、美鈴の仕事の様子を見るのと私の休憩時間ということで、一石二鳥ということにしておこう。
 持ってきたティーポットに被せられたコゼーを外し、手早く紅茶を注ぐ。
 熱々の紅茶からふわふわと湯気が立つ。
「はい、どうぞ」
「いただきます」 
 そう言って一口、紅茶をすする美鈴。
「おいしいです」
 白い息を吐きながら、いつものように答えてくれた。
「息白い。もう冬ね」
「そうですねー。葉っぱもこんなに赤くなって」
「掃除するのが大変なのよ」
 あたりを見回し地面を覆う落ち葉の量に少しため息。
 そんな私を見ながらも美鈴はちょっと楽しそう。
「集めたら焚き火ができますよ」
「もしかして、焼き芋が食べたいの?」
「え!? どうしてわかったんですか!?」
「落ち葉で焚き火と言ったらその辺かと思って。と言うかほんとにそうだったのね」
 呆れたような苦笑いを向けてしまう。
「あはは。咲夜さんには何でもお見通しで困っちゃいますね」
 全然困って無さそうな雰囲気。むしろ楽しそうに美鈴が笑う。
 でも焼き芋はちょっと食べたいかもしれない。
 午後に買い物に出たらお芋を買ってきて、明日あたり二人で落ち葉を集めて焼き芋をしよう。
「そうね、明日しましょうか」
「いいんですか? 嬉しいな」
 美鈴が目を輝かせる。
「たくさんお芋買ってきてくださいね。お嬢様とか皆さんで食べましょうね」
「もちろんよ。お嬢様の分を忘れたなんて知れたらどんなに機嫌を悪くされるか」
「そうですよねー」
 二人で顔を見合わせて笑いあう。
 なんでもない会話を楽しむような、こんな時間がとても愛おしく感じた。
 ぴんと張り詰めた空気を柔らかく緩ませる、温かい紅茶のような時間。
 最近の私はこの時間をとても大切に思っている。
 そんな大好きな時間を楽しんでいるうちに、紅茶の湯気も消えてしまった。
 11月の空気は、こんな柔らかい日差しの下でもやっぱり冷たい。
 私も少し冷えてきてしまったみたいで、両腕を抱えるように縮こまる。
「あ、ごめんなさい咲夜さん。寒いですよね」
 そんな様子を目に留めて、すぐに自分の大きな外套を脱いで私の肩に掛けてくれた。
「でも美鈴が寒いじゃない」
「私は大丈夫ですよ。おいしい紅茶で十分温まりましたし。あ、これも」
 美鈴はマフラーまで外して、そのままぐるぐると私の首元に巻きつけた。
 かなり長めなマフラーに口元まで埋まってしまった。
 ふわっと美鈴の体温を感じて、頭に熱が昇るような感覚。
「でも……」
「ほんとに大丈夫ですよ」
「だめよ……美鈴が寒くなっちゃう」
 いくら種族が違っても寒さを感じないわけじゃない。
 そんな思いをさせたくはなくて、美鈴の顔を見上げる。
「んー、じゃあこうしましょうか」
 美鈴は私の肩にかかった外套を一旦取り上げるとぴったりと私に肩を寄せ、二人一緒に入れるように掛ける。
「あ、これもですね」
「え?」
 今度は私に巻かれたマフラーを少し外して、自分の首にも一緒に巻きつける。
「ほら、これならふたりとも暖かいですよ」
 良い事思いついたというように、にっこりと微笑んでくる。
 顔が近い。ドキドキする。
 吐息が掛かりそうな距離。
 でも、嬉しいドキドキだと思った。
 前までの私なら、つい突き放してしまっていたかもしれない。
 でも今なら、少しだけ素直になって、美鈴の体温でほっこりと温まりたいなと思ってしまった。
 甘えるように、美鈴の胸元に頭を埋めるようにしてもたれかかる。
「ほんとね。ちょっと落ち着く……」
 口元のマフラーに遮られ、くぐもったように呟く。
「ゆっくり休んでいったらいいですよ」
 耳をくすぐるように、温かい吐息で囁く。
 それはきっと、私の弱さを見せてもいいかなって思ったから。
 完璧で瀟洒な自分は、美鈴の前でだけお休みしよう。
「ありがとう。お言葉に甘えて」
 私は身体を美鈴に預けて、薄く目を閉じる。
 秋の風が木の葉を揺らし、かさかさかさと音を鳴らす。
 まぶたの向こうを赤や黄色が彩って、ほわっと気持ちが安らいで。
 そして、美鈴のことをとても愛おしく感じた。




≫ Read More

スポンサーサイト

| 小説 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。