惑星ソラリスに向かっているよ

東方Projectの二次創作をやってるソラリスのブログです。書いてみたもの、描いてみたものなんかをまとめたりするブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

星空と桜の降る夜

   星空と桜の降る夜


 夢の世界に落ちる途中、扉を叩く音に起こされた。
 何? 魔理沙?
 目をこすり、ベッドを抜けだす。
 扉を開けるとやっぱり魔理沙。
「何なのよ、こんな夜中に……」
 めんどくさがるふりをして見やると、得意気な笑顔。
「夜桜見に行こうぜ!」
 私はわざとらしくため息をついた。
「何時だと思ってるのよ……」
「夜桜ってのは夜に見るものだぜ!」
 きっと、いいって言われる事しか考えてないんだろうな。
「少し待ってて」
「えへへ。待ってるぜ」
 着替えてブーツをはく。
 上海も連れてこう。
 暗いし、ランプを点けて……
「あ! アリス、それなし!」
「え? 何で? 危ないわよ」
「私がいるから大丈夫!」
 私は意味もわからず連れ出された。



 真っ暗な森。
 ひんやり湿った空気の中、二人の足音と吐息だけが聞こえる。
 手を引かれて歩いてるけど、ドキドキするのは多分暗闇のせいだ。
「うわっ!」
 魔理沙が躓いて転びかける。
「大丈夫?ランプ持ってくればよかったのに」
「大丈夫。もう着くよ」
 暗いけど、魔理沙の笑顔はよく見えた。



「きれい……」
 それしか言葉が出なかった。
 とんでもなくきれいな星空と、それに照らされた大きな桜の木。
「明るい光見ちゃうと星がきれいに見えないからさ」
 二人で幹にもたれて座る。
「きれいなものは、アリスと一緒に見たいのぜ」
 はにかむ魔理沙に心を掴まれる。
 その瞬間、強い風に桜が舞い散った。
 散る桜が星明かりを反射する。
「わ~……きれいだな」
「そうね……」
 うっとり見上げるけど、眠たくなってきた。
「眠い?」
「少し」
「……肩、貸そうか」
 頭を魔理沙の肩に預ける。
 温かくて、髪の毛がくすぐったい。
「シャンハーイ……」
「しー……起きちゃう……」
 私は夢見心地で、夢の世界に落ちていった。



お久しぶりです。ソラリスです。
先日、マリアリ文学祭という東方Projectの二次創作作品のイベントがニコニコ動画のマリアリコミュで開催されました。
素敵な文士様方に混じって僕もSSを二つ投稿させていただきました。
その一作品目がこの「星空と桜の降る夜」です。
あ、pixivにも投稿してあります

構想のスタートは、頂いた一枚のイラストでした。
東方好きにはおなじみの星色夜空という曲のイメージで描いていただいたイラストで、木陰で寄り添って座る魔理沙とアリス、それときれいな星空、というものだったのですが、
見た瞬間に思い浮かんだのが最後の辺の、二人で星空を見て、でも眠くなっちゃうアリスと、肩を貸してあげる魔理沙、というシーンでした。
ちょうど文学祭のネタにちょっと困ってたので、折角だしこのシーンを使ったSSを書くことにしました。
僕の場合、こういうシーンとか会話を書きたいなー、っていう出発点からストーリーをふくらませます。
ある程度はっきり見えてるシーンから、漠然とプロットを書き始める感じです。

この話だと、どうしてアリスは眠いのかな?っていうとこからプロットを始めました。
普通に夜だとそんなに眠くないかなー、ってとこから時間を真夜中にして、寝てたとこを魔理沙に起こされることにしました。
次に、なんの木にもたれてるんだろ?って考えて、桜の木にしました。
文学祭が19日だったので、少し春らしくなってて、桜の話題も出てくる頃かななんて思って。
舞台に桜を置いて、星空を見てるイメージが浮かんだ瞬間に連鎖的に浮かんだのが、
「その瞬間、強い風に桜が舞い散った。
 散る桜が星明かりを反射する。」
というシーンです。
そうすると、星空をもっと印象的に読者、もしくはリスナーに思い浮かべてもらわないといけないなー、と思って、二人に暗闇の森を歩いてもらうことにしました。
実際、星空を綺麗に見るためには目を暗闇に慣らす必要があるので、理にかなった行動ではあるんです。
飛んでいけばいいじゃんってコメをいただいてましたけど、なんか風情がないなぁって思ったんですよ。
暗闇を歩く緊張感、真っ暗で何も見えない感じ、不安定感が欲しかったので。
(実は飛ぶという発想がなかったんですが・・・w コメ見て「ぎゃー!飛べるんだったー!」ってなりましたよ)
ついでに魔理沙に手を引かせて吊り橋効果を連想させたり。
でもアリスは「ドキドキするのは多分暗闇のせいだ」ってわざと思うようにするんです。
その裏には、本当は魔理沙に手を引かれてドキドキしてるっていうのを暗示させようとしてます。

こんな感じで全体の大体のプロットができました。
プロットを作るときは、絶対に起承転結をごまかさないようにします。
これを意識するだけで、小説のスキルが大きく上がると思いますよ。
僕は、小説で一番大事なのはプロットだと思ってます。
書いてるうちにちょっと筆が調子出ちゃって脱線しても、プロットさえあれば破綻することが少ないんじゃないかなあ。

そこからは、プロットに合わせて、基本的には話の最初から文章を書いていきます。
ちょっと前のエントリにも書いたのですが、僕の小説書くときのポイントは、
 ・話し言葉は日常的に使う言葉で
 ・リズムよくテンポよく
 ・説明しすぎない語りすぎない
 ・登場人物の言葉で書く
 ・音読してみてすっと意味のわかる文章にする
という感じです。
一人称で書くのは、このポイントを踏まえたときに圧倒的に書きやすいからです。
説明する代わりに言葉の言い回しとかでニュアンスが感じられるようにします。
そして、それが伝わらないと内容の理解が出来なくなることのないようにします。
あくまでエッセンスとして、感じられるといいかなって感じで。
例えば、

 「何なのよ、こんな夜中に……」
  めんどくさがるふりをして見やると、得意気な笑顔。

とか、

  私はわざとらしくため息をついた。

という感じです。
アリスが魔理沙に対してツンっぽく振舞ってるように感じられると思います。
そして、あくまでそれがふりだと自覚的なことも感じられると思います。
多分、すっと読んだり聞いたりするとそこまで考えて読解しないと思うんですけど、だからこそそんな雰囲気が伝わればいいなぁってぐらいに、僕としては思ってます。

こんな感じで台詞を中心にして、テンポを意識しながら書き進めていきました。
地の文は情景描写を中心にしてますが、ぱっと見た印象のみを書くようにしています。

  真っ暗な森。
  ひんやり湿った空気の中、二人の足音と吐息だけが聞こえる。

  とんでもなくきれいな星空と、それに照らされた大きな桜の木。

  その瞬間、強い風に桜が舞い散った。
  散る桜が星明かりを反射する。

こんな感じです。
難しい言葉じゃなくて、普段使う言葉で表現するようにしてます。
それに感情の言葉を書いていきます。

  はにかむ魔理沙に心を掴まれる。

  温かくて、髪の毛がくすぐったい。

たぶん読者、リスナーはアリスがどんな表情をしてて、どんな感情でいるのか、想像してくれると思うんです。
だからこの辺も極力説明的だったり書きすぎたりしないようにしています。
読者、リスナーの想像力をできるだけ働かせてもらうためにも、言葉の選択は重要だと思っています。

そんな感じで、最後まで書き終わりました。
でも、これでは終わりません。
普通ならこれで完成なんですが、マリアリ文学祭のSSは文字数制限が700字なんです。
実際書き終わってカウントしてみたら、この話最初1000字くらいありました。
なのでここからは、不要な部分を削除する作業に入ります。
やり方は簡単で、さっき書いたポイントに合わない部分、特に説明的すぎるシーンや言葉を思い切ってカットしていくだけです。
やり方は簡単なんですが、やってみるのはかなり難しいのがこの作業です。
SSをよく書かれる方でしたらわかると思うんですが、この700字っていうのがすごい短いんですよ!
起承転結のある話をこの文字数で書くのはかなり至難の業です。
「もうこれ以上切るとこないよ~」って30回くらい言いました。
それでもやればできるもので、なんとか700字に収めたのがこのSSです。
製作時間、合計8時間くらいでしょうか。


というわけで、マリアリ文学祭の一作目「星空と桜の降る夜」を自分で解説してみました。
こういうの面白いかなと思ったんですけどどうでしょう?
SS載っけて感想だけでもいいんですけど、こういう創作過程って書いてる人あんまりいないかなと思って。
動画の時も書いてるんですけど、ここまで全部読んでくださった方いらっしゃったら、コメントかtwitterのリプで
このエントリの感想教えてくださるとありがたいので、すみませんがよろしくお願いいたします。
あ、こんな長いブログ読んでいただいて本当にありがとうございます。
長くてすみません。
でも読んでいただいてとても嬉しいです(*´ω`*)

それでは二作目の「今日はここまで」は次のエントリで。

| 小説 | 02:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タイトルなし

>駒込 美容室のメンバー様
コメありがとうございます。
関東は特に停電など大変だと思います。
こんなときこそみんなで助け合って頑張っていきましょう^^

| ソラリス | 2011/03/22 01:30 | URL |

大変な時期ですがお互いにがんばりましょうね!(>_<)

| 駒込 美容室のメンバー | 2011/03/21 13:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://headforthesolaris.blog24.fc2.com/tb.php/15-a15e3ff3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。